今後の方向性について

こんにちは。RONです。
遂にW杯のメンバーも発表されましたね。憲剛と細貝が外れたのはとても残念ですが(コンスタントに試合に出てなかったり、怪我で不安なメンバーが多いのも気になります)、あとは試合に向けて頑張って欲しいですね!!
一試合でも多く、代表としての試合を観たいです。

さて、昨日はアシスタントの募集も致しましたので(*彩纏師としても随時募集中です)、併せて、今後の方向性なども書いていこうと思います。
ご存じの事かもしれませんが、僕らは刺青やTATTOOではなく独自のスタイルとして「彩纏Sai Ten」と謳い活動しております。

頂くお問い合わせも年々海外からが増加し、ここ最近、半分以上のお問い合わせは海外からです。

僕らは既存のカテゴリーに囚われる事なく、また日本という事にも囚われる事なく、「海外にもガンガン攻め込んで行こうぜ」というスタンスです。
ちなみに、僕は英語が苦手です。家族で僕だけ、まともに英語が使えません。

でも、そんな事はどうでもいいんです。

僕らはチームなので、それぞれの役割に特化していければ。
僕は僕の武器を最大限に生かしていきますし、その他の分野ではみんなで補い合っていけばいいんです。
(なのでアシスタントのMIYAKOには、とっても助けられています。勿論、海外からのお客様とは、みんなで仲良く話しますが)

ただ刺龍堂は日本的なマニュアルが決まっていたり、一から十まで教えてくれる環境ではありません。
ある意味、「ごく極めて個人主義」です。

でも、それは自分だけ良ければ良いというのとは違います。
自己の仕事の範囲は自己で考え進め、責任をもって行う。
しかし、チームとして、お互いにサポートして一つの目標に向かい進めていくという形でしょうか。

サッカーでいうと決まり事、約束事がしっかりあって組織力に長ける日本代表より、それぞれの個人技で局面も打開し、突破口を開くようなブラジル代表のような感じでしょうか?(よく分からない?)

今、世界はもの凄いスピードで変化をしていると思います。僕のよく行っていたシンガポールもここ数年行っていない間に、劇的に変化を遂げました。いや、未だ、その途中。

そんな変わりゆく世界の状況にも負けないよう、僕らは僕らなりの未来を作り出していきたいと考えています。
これからの生活、また今の生活だけでなく、現役から引退するまで、どういう道があるのか?また、そこに進めるのか?
未だ、この答は出ていないような気がするので、僕らはそういう事に対しても、自らが挑戦し、後からその道へと辿れるよう、道標になるよう、明かりを灯していければと考えています。
とにかく、何も道が用意されていないので、自分たちで切り開いていくしかありません。

大きなテーマとしては以上のような感じですが、そんな僕らと共に新たな道へと挑戦出来る仲間を探しています。
この感じなら自分には合うかなという、そこのあなた。
お待ちしております。

月別アーカイブ-Archive-

定休日 / CLOSING SCHEDULE

WEB SHOP